2歳のおもちゃ収納をつっぱり棒で拡張してみた

今日は、我が家のおもちゃ収納をご紹介します。

ばばん!

はい、よくある木製の絵本棚です。

こちら、去年の秋に自分で作りました。てんちゃんの1歳の誕生日記念作品。

といっても、私DIYなんてしたことなかったド素人主婦ですし、工具も一切持ってないので、ホームセンターの作業コーナーを借りてコツコツ作りました。

材料は2×4の木材と、ネジとボンドと紙ヤスリ。費用は約3,000円しないくらいだったかと。市販のを買うよりも安く出来たし、作る過程もなんだかんだで楽しかったです!

設計図をどこかにやってしまって出てこないので、見つかったらまた作り方を載せたいなーと思っています(需要があれば…)。

収納力をアップさせたい

さてさて、本題にもどりますが、

てんちゃん、1歳後半から、車や電車のおもちゃが大好きになり、家にもどんどんおもちゃが増えてきたんですよね。

しかし、収納スペースは限りがあるので、使用後にしまうことが出来ずいつも出しっぱなし…。

使い終わったらちゃんとしまうということを教えてあげたい。

しかし、転勤族だし、あまり不用意に家具などを増やしたく無い。悶々。

三種の神器、つっぱり棒ー!

そこで、とある案を思いつき、やってみました。

見た方が早いので、写真にて。

Before

After

そう!つっぱり棒!

下のカゴを固定するのに使っていたつっぱり棒を、上の方に移動し、

カゴに付属していたフタ(使っていなかった)をつっぱり棒に渡して置くだけ!超簡易版!

車たちを置いてみた。

まぁまぁいけるんではないか?

てんちゃんも、ここが車庫だと認識したのか、ちゃんとしまってくれています。

あと、私が作業している間に、気づいたらパパがこんなものを作っていた。

レゴデュプロ(&アンパンマンブロック)による立体駐車場ー!

てんちゃん大興奮!まさかのトンネル仕様。発想がすごいなー。

我が家で使っている基礎板はこれ。アンパンマンブロックのやつだけど、レゴデュプロもどちらも対応してるからありがたい。

費用は安く、変更しやすく!

とりあえずこれで少し様子を見たいと思いますー。

つっぱり棒なら、場所の移動や取り外しも簡単だし、なにより100円と安い!

年齢によって最適な収納も変わると思うので、またその状況に合わせて変えていこうと思います。

これからも沢山遊んでおくれー!

この記事の感想をお聞かせください
  • いいね!(1)
  • 続編希望!(1)
スポンサーリンク
レクタングル(大)