\12月におすすめの記事はこちら/
スポンサーリンク

2歳11か月成長キロク:赤ちゃん返り・なぜなぜ期への対応

2歳

こんにちは、てんつままです。2歳の男の子と0歳の女の子がいます。

今日は、最近ブログ上でちょっぴり影の薄い(←おいっ)2歳11か月の長男てんちゃんの話。

先日、保育園で秋の個人面談がありました。園長先生・担任の先生・ママの三人で約30分ほど。最近のてんちゃんの様子や二人目みーこが生まれてからの変化など、いろいろ相談しました。3歳を前にそのキロクを残しておこうかなと思います。

スポンサーリンク

2歳11ヵ月の成長キロク

てんちゃんの良いところ

初めに、先生から言われたてんちゃんの良いところ。普段ブログでは悪ガキ扱いしかしてないのでなんか気恥ずかしい感じもありますが、てんちゃんの名誉のためにもちゃんと残しておこうと思います。

  1. 一人遊びはとても集中して出来る
  2. ご飯を食べるのが上手。ひとりでモリモリ食べる
  3. とっても優しい。攻撃的要素が無い
  4. レゴブロック、ニューブロック、パズルが得意
  5. 働く車が大好き
  6. お友達と役割分担をした遊びが上手(おままごとや保育園ごっこ等)

保育園でのてんちゃんは、総じて良い子であると。

これを聞いて、「え?それ本当にうちの子??」っとなった母親は私です。それはなぜか。

悩み相談:赤ちゃん返り→自立への促し方

良いところを言われて一番はじめにびっくりしたのが、①の「一人遊びが上手」のところ。いやいや、家では全然ですやん。

ママ
ママ

先生、家では常に「ママ一緒にやろー!」ですし、最近は特に何をするにも「ママがやってー!」「ママじゃなきゃやだ!」ばかりで困ってるんです…。

先生
先生

保育園でいっぱい頑張っているからこそ、家ではママに甘えたいんだと思いますよ。下の子が生まれてのヤキモチや赤ちゃん返りもあるかもですね。

ママ
ママ

でも、もうすぐ幼稚園生にもなるし、そろそろ「自分でできるようになる」というのも促していきたいし…。

衣類の着脱も「ママがやって!」、スプーンの持ち方もいまだに子供持ち(下握り)。今までは一人で出来ていたこともやらなくなってきたり。

こっちも下の子のお世話で忙しくて待てなくて結局私が全部やってしまったり。そのほうが早いし。でも本当は待ってあげたいし自分でやらせたい。もう本当にどうしたらよいんでしょうか…。涙

先生
先生

下の子が生まれてからまだ1ヵ月。てんちゃんも少しは慣れてきたとはいえ、2歳だしまだまだ甘えたい年頃。思う存分甘えさせて大丈夫。

衣類の着脱やスプーンの持ち方なども、いつか一人で出来るようになるから、焦る必要は無いですよ。

この今の時期に、たっぷり甘えさせて「ママは僕のこと好きなんだ・大事に思ってくれているんだ」というのを実感させることで心が満たされて安定し、じゃあ「僕でも大丈夫なんだ・自分でも一人でやってみよう」という気持ちにステップアップしていくんです。だから大丈夫!

もうこの時点で私の涙腺崩壊。面談開始わずか5分で。笑

ほんと、二人目みーこが生まれてからの1か月間、「ママが良い!」の赤ちゃん返りでかーーなりしんどかったんですよね。パパでもばぁばでもなくママ!牛乳注ぐのもママ!エプロンをつけるのもママ!頭を撫でるのもママ!僕の名前を呼ぶのもママ!みたいな。

このままで本当にいいのかなぁとずっとモンモンとしていたんです。だから、先生の話を聞いてずっと引っ掛かってたものがストンと落ちた感じ。特に【愛情形成→自立へ繋がっていく】という部分。

てんちゃんはみーこに対して毎日「みーこ可愛いねぇ♪」と優しく良い子良い子してて特に問題なく接しているからあまり気づいてなかったけど、やっぱりママが取られて寂しいし不安だったんだな。てんちゃんごめんね…。

なんでなんで期(なぜなぜ期)への対応

ママ
ママ

先生、最近は「なんでなんで」が凄いんです。保育園から家までの帰り道もひたすら『なんで~なの?』『なんで~は~なの?』ばかりで。段々こっちが「きぃぃぃぃーーー!」ってなるんですけど、こんなもんなんでしょうか??涙

先生
先生

てんちゃん、保育園ではそこまで「なんで」は多くないですよー。やっぱりママだから甘えて色々聞きたいのかもしれないですね。

ちょっとここは頑張って対応してあげましょう。答えが合っていなくても良いんです。「なんで?」という僕の気持ちにママが対応してくれた、という事実が子供は嬉しいんです。

ママ
ママ

確かに、『なんで?』と聞かれて、「なんでだとおもうー?」って本人に聞き返すのを適当に連発していると、『てんちゃんがなんでって聞いてるの!』って怒られます。逆に、短くても「~だからじゃない?」って返すと、嬉しそうな顔してますね…そうか、が、頑張ります。><

先生
先生

ママがあまりにしんどければ無理しないでくださいね!

なんでなんで期への対応のコツとしては、

  1. 答えを返す(~だからだよ)
  2. わからなければママも想像してから返す(~だからかなぁ。てんちゃんはどう思う?)
  3. 一緒に調べようと返す(~はママもわからないから一緒に調べてみよう。図鑑やネットで調べてみる)

がおすすめですよ。短い答えで全然大丈夫なので、こどもの『なんで?』という好奇心を受け止めて答えてあげると満たされますよ!

一人目だからこその不安

他にも先生にいろいろ相談したりしました。

最後にぼそっと私が、

ママ
ママ

なんか、ほんと毎日「これで本当に良いのかなぁ…」と漠然と思ってるんですよね…

と言ったら、園長先生(園長先生自身も3人の子育て経験者)が、

先生
先生

大丈夫よ!一人目なんてそんなもんよ!だってぜーんぶ初めてのことなんだもの!不安になるのは当たり前よー!そういうものなの!

逆に二人目なんて、まったく何も気にしてなくても育ってるでしょ??

ママ
ママ

た、確かに…一人目が生まれてすぐの時は、おっぱいやらミルクやらうんちやら不安でいっぱいいっぱいだったのに、二人目みーこはまーったく何も気にしてないです…そしてちゃんと育ってるという。。

先生
先生

一人目は何もかもが不安になって当たり前!大丈夫よ、みーーんなそうだから!

だから逆に、これから3歳になっても幼稚園になっても小学校に行ってもこれからもずっと不安なことは続くわよー。笑

ママ
ママ

そうかまだまだ続くのか…それはそれで嫌だ!!笑

先生
先生

ふっふっふーーー。笑

ママはちゃんとてんちゃんのこと考えてるし彼と向き合っているから大丈夫よ。これからも私たちと一緒にてんちゃんを見守っていきましょうね!

せ、先生…!一生ついていきます…!!!涙

そんな気持ちになった個人面談でした。3月までこの保育園でお世話になる予定です。良い先生たちに恵まれて本当に運が良かったなぁ。

さて、いよいよ彼も3歳になります。本人も「てんちゃんはいまは2さい!もうすぐ3さい!!」と前向きなご様子。私もママ3歳、でもまだたったの3歳。てんちゃん、これからも一緒に成長していこうね◎

コメント