\12月におすすめの記事はこちら/
スポンサーリンク

最近、保険(生命・医療・学資)見直してますか?

家事お役立ちキロク

先日、Twitterにもつぶやきましたが、わたくし今、保険の見直し中です。


保険にもいろいろありますよね。

  1. 生命保険(死亡保険)
  2. 医療保険
  3. 学資保険

子育て中の方はこの3つには加入している方が多いんじゃないんでしょうか。

 

かくいう、我が家はというと…。30代夫婦、子供1人(長男2歳)、現在第2子妊娠中。

まさかの、長男てんちゃんの学資(しかも私名義)しかまだ入ってません!ばーん!!なんと綱渡りな…。

公的保障(健康保険とか年金)と、いざという時のための貯金が少しあったので、これまで入らずにいました。あと、保険入るときって、本人との面談必須なところがほとんどなんですよね。月3日しか休みが無いときもあった夫は、保険のおばちゃんと話す位なら寝かしてくれ…状態だったので、そんな余裕も無く。

これまで幸いなことに大きな怪我なく過ごしてきた夫ですが、子供が二人になると、さすがに生命保険には入ってほしいよ…。

 

ということで、今必死に探しているところです。といっても、今ほんと色んな種類の保険があるんですね!もうびっくり!!

なので、頭の整理を兼ねて、キロクしておこうかなと思いますー。

スポンサーリンク

30代夫婦が加入検討中の保険の種類

1)生命保険は「収入保障保険」へ

まずは一番大事な生命保険(死亡保険)

「夫が亡くなったor高度障害の場合にお金がおりますよー」タイプ。

これまでの主流は、左側の「定期保険」

  • 死んだら3,000万円一括でドーンともらえるタイプ
  • いつ死んでも3,000万支払の固定。
  • 【月々の保険料】大体3,000円~5,000円位。

つまり、貰える金額が変わらない代わりに、月々の保険料が高い!

 

しかし、最近出てきたのが図の右側の「収入保障保険」!

  • 「死んだらそのタイミングから毎月10万円が保障期間ずーっと支払われるタイプ」。年金みたい。
  • 40歳、50歳で亡くなった場合、貰える総金額は2,000万、1,000万と減額していく。
  • 【月々の保険料】30歳で加入すれば2,000円前後でずっと固定!

つまり、貰える金額は減っていくけど、月々の保険料がかなり安い!!!

貰える金額が減っても、40歳50歳になって死んだ場合に必要となるお金も減っているので、デメリットとしてはそんなに大きくはない。

本当に必要な保障の分だけ掛け金を掛けることができる、無駄の少ないタイプなのかなと。我が家はこちらのタイプにしようかなと思っていますー。

2)医療保険は、ガン・先進医療と就業不能保険だけ加入検討。

お次に、医療保険。ここが迷うところですよね…。だって、今元気なんだもん。←おい。

ちょっとした入院とか手術なら、毎月保険料を払わなくても、その分貯金しておけば今ある貯金と合わせてなんとかなりそうだし。

でも、ガンと先進医療だけは、もしかかると費用がボーン!と跳ね上がるから、この部分だけでも30歳のうちから加入しておこうかなと探しております。

あとは、就業不能保険(所得補償保険)。手術のあと、数カ月家で安静にとなったときに、その分働けなくなったお給料を保障してくれる保険。

就業不能保険

一応、夫の会社は社会保険に加入しているので、傷病手当金といって3分の2は保障されるけど、これ基本給+αレベルの部分からの3分の2だけなんですよね。残業代の部分は計算に含まれない。なので、収入は一気に減ります。30代のサラリーマンなんて、普段から残業もかなり多いので、いざ支給されたときに金額の少なさに結構驚く人が多いらしい。

ガン・先進・就業不能の3つは、30歳前半の今ではなく、30歳後半~アラフォーになってからでもいいのかなぁ。迷いますよね…。保険料と応相談。

最後に、学資保険。しかし、衝撃の事実が…

3)学資保険、返戻率の低さにびっくり!

はい、これは今更ですが、夫名義でも学資に入ろうと思います。てんちゃんの分は私が入っているので、夫はチビ太の分ですね。

てか、学資でびっくりしたのが、今って返戻率めちゃくちゃ下がっているのね!!!!!もうびっくり!!!

(返戻率とは、支払った額に対して受け取る金額をパーセンテージで表したもの。100%で同額。99%以下だと支払った金額より受け取る金額の方が少ないので、学資だとあまり意味ない…。)

だって、2016年に手続きしたてんちゃんの時は、120%位あったんですよ。それが今はびっくり、105%とか!最大でも108%!10%も下がってるー!!2017年4月に、どこの会社も大幅に下げたそうです。いやーん!

10%って、200万預けたら20万ですよ。この違いは大きい…。

 

おっと、お金の話が濃くなってしまいましたね。失礼失礼。だってあまりに衝撃だったんだもん。←

学資の代わりに、低解約返戻金型終身保険米ドル型保険をお勧めする保険屋さんも多いですが(てんちゃんの時も勧められた)、私は

  • 「子供の学費だから、安全性が第一・死亡保障付き」
  • 「学費は絶対に返戻率が100%を切らない方法で貯める」

という考えなので、学資保険で入ろうと思っていますーお金を増やしたいなら他のお金使って別な方法でやるわいなと。

今各社見積もり依頼しているところなので、出揃ったらまた報告しますー。

気軽に保険の窓口に相談してみよう!

今回私は、スーパーに行ったときに、ふと目に留まった保険の相談窓口にふらっと入って色々教えてもらいましたー。予約なしだったけど、たまたま空いてたみたいで、ママさんアドバイザーがいろいろ教えてくれましたー。収入保障型保険とかもこの人に言われるまで知らなかったよあたしゃ。感謝かんしゃ。

「子供がいるしなかなか窓口には行けない…」という方は、家に来てくれるサービスも沢山あるので、利用してみるといいですよ!私もてんちゃんが生まれたときに家に来てくれるサービスを利用しました。部屋散らかってても子供が一緒でも大丈夫でしたよ!

その時は結局契約には至らなかったけど、特にお咎めもなかったですー。気軽に試してみる価値あり!!

忙しいママ必見!お家で保険相談♪【保険見直しラボで保険相談】