転勤族の妻でも正社員や派遣で働ける?メリットデメリット。

転勤
スポンサーリンク

転勤族の妻でも働けるの?面接で転勤族って正直に言う?

こんにちは、てんつままです。一気に寒くなりましたね。

昨日は1歳の息子てんちゃんと公園に行き、ひたすら落ち葉を掛けられました…楽しそうだったから良いとしよう。

さて、タイトルの話。転勤族の妻でも働けるのか問題。

まずは、私の職歴を簡単にご紹介します。

てんつままの職歴
  • 新卒~3年間
    正社員

    A県 バリバリ正社員。遠距離の夫と結婚のため退職

  • 結婚後~1年間
    正社員

    B県 すぐに就職。1年間がっつり働く。転勤により退職

  • ~2年間
    派遣社員 → その後契約社員へ昇格

    C県 すぐに就職。2年間がっつり働く。転勤により退職

  • 第一子1歳~
    パート

    D県 息子が1歳になったタイミングで就職。がっつりフルパートで働く。しかし6か月後に転勤になり退職。

そうなんです。夫が転勤する度に、何らかの形で私も就職しているのです。毎回、転勤で引っ越すギリギリまで私も勤務してます。

転勤族の妻って、働きたくてもなかなか働きにくいですよね。

  • そもそも私が働いてもいいのかしら…
  • 働くとどんな良いことがあるの?
  • 転勤があっても働ける場所なんてあるの?
  • 転勤族であること、正直に言った方が良い…?

今日は、転勤族の妻が働くメリット・デメリットについて、実際に働いていた私の考えを書いていきます。

スポンサーリンク

転勤族の妻が仕事をするメリット

1)孤独からの脱出

挿絵 孤独

転勤族の妻でも働く一番の理由は、孤独からの脱出。本当に大きいです。子供が出来るまで・夫婦二人きりの期間は特に。

私の場合、交際中に夫が転勤になり、一年間ほど遠距離に。

結婚を決め、さぁ一緒に暮らそうとなると、必然的に私が今の会社を辞めないといけない…。辞めるかどうかも沢山悩みましたし、実際に辞める時はかなり寂しかったです。

そして引っ越しし、はるばる夫の元へ。しかし知り合いも居ない、何もわからない。彼は仕事で毎日いない。

やることもなく、部屋でひとりスマホを見るだけ…The 孤独。泣

すぐにハローワークや派遣サイトに登録し、再就職できました。

最初は仕事や人間関係に慣れるまで本当大変ですけど、1ヶ月過ぎれば少し楽になり、3ヶ月もすればもう慣れたもんですよ。

毎日やることがあるということや、話し相手がいるっていうのは、精神的に安定しました。

仕事を任される=必要とされている安心感。

私の職場は女性の先輩が多かったので、昨日見たドラマや夕飯の話、たまには夫婦喧嘩の相談なども。

お薦めのランチのお店や、観光スポット、良い病院や歯医者など、生きた情報がもらえるのも大きかったです。

2)収入が増える

挿絵 収入 お金

これはもうそのまんまですね。

自分で自由に使えるお金も増えるので、例えば「〇〇したいけど旦那さんが稼いだお金だし…」とかで悩まなくて済みます。

新しい場所での生活を楽しむために、美味しいご飯を食べに行ったり、観光するのに使えるお金が増えるのも良いことですよね♪

他にも色々ありますが、私はこの2つが大きかったです。

働くデメリット

転勤族なのに働くことのデメリットは感じて無いです。

しいていうなら、転勤が決まった時に退職を伝えるのが心苦しいし寂しい…どうしようも無いんですけどね。

対策:面接で転勤族だと正直に伝える

これには対策があって、

あらかじめ面接の際に、転勤族であることを伝えることです。

不利になるし伝えなくても良いと言う人もいますが、やっぱり隠していてもいつかバレます。もはや履歴書でバレます(転職回数多いし勤務地バラバラだし)。

それに、何か隠し事をしながら働くのって、結構ストレスになるんですよね。

予め伝えてあれば、

「転勤で引っ越してきたばかりなので、色々教えてくださいー!」と言えるし、

次の転勤時期になり退職の意向を伝えても、会社側も

「あ、ついにその時が来たのね…寂しいわね…」というリアクションでしたよ。本当にありがたい。。。涙

正直に伝えて、それでも一生懸命働く意思を表せば、主婦でも雇ってくれる会社は全国ありました。

転勤族の妻でも自由に生きたい

転勤族の妻でも働くメリット・デメリットについて簡単にご紹介しました。

私自身、「だれかの役に立つことが幸せ」「家にいるよりも外に出たい」タイプの人間なので、どんな環境であっても外で働く方が精神的に満たされるようです。

また、正直に転勤族であると伝えてそれも含めて雇ってもらった方が、ありのままの自分を認めてもらえててとても働きやすかったです。

ただ、個人のタイプや好みもあるかと思うので、「転勤族の妻は働いた方が絶対幸せ!」だなんて全く思いません。そんなこと言う人がもし居たら「はいはいお好きにどうぞ」と聞き流しちゃいましょうね。

「転勤族の妻」だけど、私は私。住む場所や家族形態が変わっても、自分らしくいられる働き方をこれからも模索していければいいなと思います。

転勤族だけど食洗機を買っちゃった話

スポンサーリンク