レゴクラシック10696作品例(動物):ゾウの作り方

レゴクラシック10696 象 育児お役立ちキロク
スポンサーリンク

長男が3歳の誕生日に購入したレゴクラシック黄色のアイデアボックス10696

そしてクリスマスに買い足したレゴクラシック10704

レゴクラシックには作品例があらかじめ添付されていますが、掲載されているのはほんの少しだけ。

夫

俺ならもっと作れるぜ…!

レゴクラシックが得意な我が家の夫、アラサーサラリーマン:てんつぱぱ。

これまでにも当ブログでは、夫が作成したインコちゃんを掲載しておりました。

レゴクラシックでインコ 完成版
インコちゃん

すると、意外にも「レゴ 動物」などの検索で見に来てくださる方がいて感謝感激。

夫がレゴを作る上でこだわっているのが、

夫
  • 専用セットを買うのではなく、レゴの基本セット(黄色のアイデアボックス等)だけで作れる
  • 誰が見ても「○○だ!」とわかる(リアルさの追求)

そこで今日は突然ですが、てんつぱぱ(改めレゴおじ)によるレゴクラシックの作品例を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

レゴクラシック10696作品例(動物):ゾウの作り方

全体図

本日ご紹介するのは、動物界の人気者、ゾウ

レゴクラシック10696 象
ばばん

ちなみに、レゴレシピという本に載っているゾウの作品例はこちら。

レゴレシピ ゾウ
レゴレシピのゾウ

いや、クオリティの差よ←

レゴクラシック10696 象
サイド

素人が一から考えて作ったにしてはなかなかの高クオリティ。

作成時のポイント

使用した色

  • 水色(濃・中・淡)
  • グレー (濃・中・淡)
  • 白(角・爪)
  • 透明
レゴクラシック10696 象
俯瞰図

ゾウの特徴である長い鼻を、階段状にしながらうまく表現。

レゴクラシック10696 象
正面

鼻先だけグレーにすることでアクセントをつけています。

レゴクラシック10696 象
サイド

また、ゾウならではの大きい耳は、あえてグレーのブロックを使用して表現。

レゴクラシック10696 象

は白い丸パーツでかわいらしく。

尻尾は可変式で動かせる

実はこのゾウ、尻尾を上下左右に動かすこともできます。

尻尾の上下は、横(サイド)から見るとよくわかります。

レゴクラシック10696 象
キリッ

目のパーツや角度を変えれば、優しいゾウさんにも変身できますよ。

子供からの評価は?

3歳の息子に見せてみたところ、

息子
息子

わー!!ゾウさんだー!!

ちゃんとゾウだと認識してくれました。ほっ。

レゴクラシック10696 象
ぐわしっ

楽しく(?)遊んでくれて何よりです。

好きな色でゾウを作ろう!

今回のゾウはベースカラーを水色で作成しました。

これをピンクやオレンジなどに変えれば、メスのゾウや子ゾウなども作ることができますね。

レゴクラシック10696 象

▼今回使用したレゴはこちら↓。

レゴクラシック1069610704の二つだけを使って作ることが出来ました。皆さんもお手持ちのレゴパーツを使ってぜひ挑戦してみてください!

\てんつままのレゴ記事一覧/
スポンサーリンク