3歳でレゴクラシック。安全に遊ぶ3つのルール&収納方法は?

レゴクラシック 3歳 収納 誤飲 紛失 育児便利グッズレビュー

先日3歳の誕生日を迎えた長男てんちゃん。

誕生日プレゼントに、マグフォーマーとレゴブロッククラシックをあげました。そりゃもう大喜び。
 

さて、今日はそのうちの一つ、レゴ (LEGO) クラシック 黄色のアイデアボックス プラス 10696。これ、本当は対象年齢が4歳~なんですよね。3歳でも遊べるのか、実際の様子などを書いてみます。

2~3歳にレゴクラシック黄色のアイデアボックス10696は早いのか

問題点:パーツが小さい

こちらのレゴ (LEGO) クラシック 黄色のアイデアボックス プラス 10696、定番パーツや変わったパーツがたくさん入っていて、なんでも作れる良いおもちゃ。

ですが、1歳~対象のレゴデュプロと大きさを比べてみましょう。

うん、とても小さい。(左から順に、アンパンマンブロック・デュプロ・クラシック)

落としたら探すのが大変。そして、我が家には生まれたての0歳児がいるので、確実に誤飲する…危険因子。

3つのルールを決める

そこで、てんちゃんと3つのルールを決めました。

  1. ブロックで遊ぶときは、机の上またはトレーの上で遊ぶ
  2. 落としたらすぐに拾う
  3. 遊び終わったらすぐに片づける
ママ
ママ

てんちゃん、このブロックはとっても小さいよね。もし赤ちゃんが食べたらお腹痛い痛いになって死んじゃうよ。おーけー?

と、半ば脅しのような内容ですが←、事実でもあるのでちゃんと伝えました。

遊ぶ工夫

トレーの上で遊ぶ

3歳にもなるとルールも少し理解し、一人でコツコツ楽しく遊んでいます。

しかし、それでも手先が滑ってパーツをしょっちゅう落とす。机の上で作業していると、落ちたパーツを毎回椅子から降りて拾うのはイライラするらしい。

そこで、こんな感じのトレーを用意して、その上で作業するようにしています。

これは100均ダイソーのスクエアボックスについていたフタ。

あとは、家にある使っていない木箱のフタなども。

遊び途中でも、このトレーごと片づけられるので便利。

小さいパーツは100均の小分け収納ケースへ

そして、一番怖いのが、このとってもとっても小さなパーツ。

絶対にすぐ失くす。

それに、お目当てのパーツをこの箱の中から探すのも一苦労。

そこで、100均で、こんな小分け収納ケースを用意しました。

早速、小さいパーツを仕分けしてみました。

おぉ、シンデレラフィット。

そして、なんとこのケースも、そのまま黄色のBOXに片づけられます。素晴らしい。

遊ぶ時も、このフタをパカッと開けるだけ。

本人も楽しそう。

しかし、世の中そんな甘くない。

小分け収納ケースを導入して三日後くらいのこと。

夕飯を作ってたら、いきなり「ガラガラガシャーン!」と物音。そして『これどうやったらいいのー!?』と泣くてんちゃん。

何事!?と思い見てみると…。

ぐしゃぁーーー。

まぁ、そうなるよね。3歳なりたての子に、完璧を求めるのは無理ですわ。笑

レゴマット(プレイマット)の導入も

床で遊ぶならば、レゴマット(プレイマット)というものが便利なようです。

 

どちらも大体1,000円くらい。買おうかなぁ…。

でもどうやら100均の「園芸シート」がプレイマットとしても使えるとの噂なので、今度チェックしてくる予定。見つけたら再アップします。

→購入したので記事アップしました!

関連記事 ▶100均ダイソーの園芸シートがレゴマットに使える!離乳食にも!

知育には最適。3歳でも遊べる。

対象年齢より早く与えた今回のレゴですが、遊ぶには全然問題ないです。

取扱説明書を見ながら一生懸命機関車を作ったり、

寝る前にもなにやら創作。

あ、これは夫の作品です。なんなんこのキャラクター。笑

困り顔もできます。しらんがな←

親子でレゴタイム。コミュニケーションも取れて良い感じ。たまに「赤はてんちゃんの!」とか言って独占バトル始まるけど。笑

ということで、4歳からのレゴクラシックを3歳でも遊べるのかどうかのレビューでございました。

もうすぐクリスマス。プレゼント、何にしよう…。相変わらず『なんでなんで』が凄いので、図鑑にしようかなと検討中。良いのあるか探してみよう。

  

関連記事 3歳のクリスマスプレゼントを考える。