自転車レインカバーのかさ上げアダプターを自作してみた。

育児便利グッズレビュー
スポンサーリンク

こんにちは。2歳息子のママ、てんつままです。

前回、私が使っているレインカバーのレビュー記事(マルトの自転車用レインカバーを使ってみた感想)を書きました。

マルトのレインカバーは、

  1. 安い
  2. 色も綺麗
  3. 脱着も楽

と、ほぼ不満はない良いレインカバーなのですが、なんし空間が狭い

レインカバーのアダプター装着前

天井がギリギリ

子供の頭が天井に当たって、居住性が悪い。

(bikkeはチャイルドシートの高さが低いというのも一因。)

ママ
ママ

せっかく買ったんだし、すぐに買い換えるのはもったいないなぁ。何とか高さをアップさせたい…。

ということで、ヘッドレストの高さを上げるアダプターを作ってみることにしました。

スポンサーリンク

レインカバーかさ上げアダプターの作り方

1)材料:100均メッシュバスケット

さっそく100均で材料を調達へ。

購入したのはこちら。

メッシュバスケット。お値段108円。

100均のメッシュバスケット

左が高さ30cm、右が50cm。

今回使用したサイズは、高さ30cmのタイプ。高さ50cmのタイプもありましたが、それだとちょっと高すぎるかもと不安になりまずは30cmでチャレンジ。

2)バスケットを広げる

まずは上下逆さまに置き、持ち手の部分が左右にくるように置きましょう。

この紐が、自転車への固定紐となります。

3)ワイヤーを1本抜く

手前部分にきた面のワイヤーを、しゅるしゅるしゅるーっと抜いてしまいましょう。

↑この部分から、するりと抜けます。意外に簡単です。

4)手前の面のメッシュ部分を切り取る

このままだと顔の部分にメッシュが直撃してしまうので、手前の面(顔が当たる面。写真の茶色部分)のメッシュをハサミで綺麗に切り取ります。

5)取っ手の紐を1箇所ずつ切る

こんな感じで、取っ手の接続部分を片側だけ切ります。

(切るのは顔側の部分。さっきの写真の緑線。)

背もたれ側は切らずに残します。逆にならないよう注意。

これで出来上がりー!簡単!

自転車に装着してみた

早速、後ろ乗せ部分に付けてみました。

背もたれの一番上の部分にちょこんと乗せるイメージで設置します。

左右の紐を結んで、車体に固定します。毎回結ぶのが面倒な方は、紐に予めマジックテープなどを付けても良いかもしれないです。

横から見た図がこちら。

おおっ!高さがアップしている!

レインカバーを掛けてみた。

レインカバーをアダプターの上からふわっとかぶせます。

レインカバーを車体やアダプターに固定しなくても、運転中に外れたりはしませんでした。

Before

After

すこしだけ高さが出たのと、顔の前部分にも僅かに空間が生まれたのが分かりますでしょうか。

実際に2歳児を乗せてみた

それでは、我が家の魔の2歳児てんちゃんにご乗車いただきました。

ばばん!

アダプターのおかげで、顔が窓部分に当たらなくなりました!

当の本人はというと、そもそもこのレインカバーが苦手なので最初は乗るのを嫌がりましたが、実際に乗ってみるとほぼ泣かなくなりました。

むしろ、カバーが風でパタパタ揺れるのが面白くて笑っていることも。空間が生み出した精神的余裕。

今回は高さ30cmのメッシュバスケットで作成しましたが、既に頭がギリギリなので、もしかしたら50cmのものでもよかったかもしれないです。

市販の自転車ヘッドレストアダプターは?

『作るのはちょっと…』という方へ、市販されているアダプターもご紹介しますね。ぜひ参考にしてください。

ワイヤータイプ

おわりに

108円でなんとか出来てよかったー!もうしばらく、このアダプターを使って様子見したいと思います。

ちなみに、もっと身長が高くなりキツくなってきたら、次はこのnorokka(ノロッカ)のレインカバーに買い換える予定です。

以上、レインカバーのアダプターを自作してみたキロクでした。

スポンサーリンク