3歳児健診。目・耳・尿検査に、男の子のお手入れ話。

3歳児健診 目 耳 尿 検査 3歳

長男てんちゃんが3歳になり、役所から「3歳児健診のお知らせ」が届きました。

なんか封筒が分厚いなと思ったら、「事前検査のご案内」が入っていた。健診までに家で実施してくださいというもの。

3歳児健診 目 耳 尿 検査

ん?なに?目・耳・尿の検査だと??

3歳児健診

事前検査

3歳児健診 目 耳 尿 検査

片目を隠した状態で2.5m離れたところからイラストを見せて、何が書いてあるか当てるというもの。

3歳児健診 目 耳 尿 検査

親がヒソヒソ声で絵の名前を言って子供が指さしをする検査と、耳の横でカサカサさせて聞こえるかの検査。

尿

尿検査は、昔小学校でやっていたようになのと同じ。朝イチの尿を紙コップに取って、スポイトに移して当日提出。

え、これ全部、全国の3歳はみんな普通に出来るの…?まじ…??

やってみたら、意外にできた

ということで、前日にやってみた。そしたら、意外に出来た。拍子抜け。やるじゃないか、てんちゃん。

目を隠すティッシュは、セロテープだと痛そうだなと思い、マスキングテープで貼りました。ブラックジャックを思い出したよ…。

健診当日

受付→問診→視力検査→計測→診察→歯科検診→(個別相談→)終了。

特徴的だったことだけキロクしておきます。

人見知り・場所見知り発動

始めに保健師さんと問診。ここで、てんちゃん相変わらずの人見知り・場所見知り発動。完全にだんまり。

保健師さんが、『お名前はなんですか?』『(私が抱っこしていたみーこを指して)この子はなんてお名前なのー?』『(イラストを指して)これはなあにー?』と質問しても、照れて全く返事せず or 超小声。おーい…。

これ、実は先日の幼稚園面接でも同じだったんですよね…。みーこが生まれてから完全に人見知りタイプに。慣れるまでに時間がかかる。慣れたら全然問題なくコミュニケーション取れるのに…。

ママ
ママ

保健師さん、下の子が生まれてからずっとこうなんですけど、大丈夫なんでしょうか…?涙

先生
保健師さん

大丈夫よぉ。保育園では特に問題なしなんでしょう?ガンガンコミュニケーションとる子もいれば、最初様子をうかがう子もいるし、別に問題ないわよ◎

 

と、あっけらかーんと言われて拍子抜け。よ、よかった…。

初・視力検査

続いて視力検査。といっても、家でやったような検査ではなく、追視や寄り目が出来るかや斜視が無いかなどの確認。

保健師さんがアンパンマンのボールペンを持って目の前で動かし、それをちゃんと見れるか等で検査してました。

おちんの剥き方を習得

今回の健診で一番印象的だったのがこれ。

医師による診察の時、子供はパンツ一枚の姿で胸の音を聞いたり色々チェックするんだけど、

いきなりパンツをペロンと脱がし、タマタマ(露骨ですみません)やおちんをチェックし、おちんをひょいっと何かして、『うん、大丈夫だねー。』と。

パンツを戻し、先生がいきなり、

特に問題ないですねー。これから時々さっき私がやったみたく剥いてあげてくださいねー。

え?先生さっき剥いてたんですか!?

ママ
ママ

先生、見えなかったのでもう一度お願いします!

とリクエストする母。w

いや、ここ遠慮しちゃダメだと思ったの。だってここで教えて貰わなかったら、もう知るチャンスなかなかないもの。

先生は、『全然良いですよー♪』とノリノリで教えてくれました。

  • たまに剥いてあげること。
  • 無理にやらなくて良い。
  • 剥いたら必ず元に戻すこと。元に戻さないと戻らなくなり大変なことになる。(=嵌頓包茎)

実際にやってもらうと、今まで見たこと無かった部分がピロッと出てきて、あたしゃあびっくらこいたよ。恥ずかしからず聞いてよかった。聞くは一瞬の恥、聞かぬは一生の恥だったわ。実演してもらうの大事だね。

健診終了

その後の歯科検診も虫歯なしと言われ、無事に3歳児検診は問題なくクリア。良かったよかった。

私の住んでいる地域は、自治体主体の検診は3歳児健診が最後。これで健診も卒業ですー。

最後の歯科診察が終わった時、

そうか、今日でここに来るのも最後かぁ…今まで頑張ったなぁ…。

とジーンとしていたら、顔見知りの衛生士さんが一言。

次からはその子(=私が抱っこしていたみーこ)の健診で会えますねー♪

はっ、そうか。むしろまた始まるのか。(ガーン)

これからも母ちゃん頑張ります…。以上、3歳児健診のキロクでした。