≫2019年Amazonで買った品、全部見せます。

1歳後半におすすめ絵本「ピン・ポン・バス」

1歳
スポンサーリンク

1歳の息子てんちゃんが最近はまっている絵本を紹介します。

それがこちら、鈴木まもるさんの働く乗り物シリーズ・ピンポンバス

ピンポンバス

鈴木まもるさんは、電車やバスなどの乗り物系や、働くクルマの絵本を多く書かれている作家さん。

1歳後半~の男の子や、乗り物に興味津々な女の子にピッタリの絵本ばかりです。

スポンサーリンク

ピンポンバス(鈴木まもる作)が1~2歳におすすめ絵本な理由

1)絵のタッチが優しい

なんといっても、絵の雰囲気がとても優しい!

すっごく心がほっこりするんですよね。見ているだけで癒されます。

2)働くクルマの内容・知識が濃い

今息子がかなりはまっているのがこちら、

「みんなで!どうろこうじ」

パン屋さんの前の道がガタガタするから、綺麗にするために道路工事をすることになったおはなし。登場するクルマがたーくさん!

私、アスファルトフィニッシャーとか知りませんでした。。。道路工事のおじさん、いつもありがとうございます。

色々なクルマへの興味が自然に湧くと同時に、働いている人への感謝の気持ちが生まれる絵本です。

鈴木まもるさんのおすすめ絵本

息子が実際に読んだ絵本で、おすすめの絵本を紹介します。

ピン・ポン・バス

王道、ピン・ポン・バス。

息子に、寝る前に何読むのー?と聞くと、「オレンジのバシュ!」と言ってきます。彼の鉄板らしい。

うみへ いく ピン・ポン・バス

ピンポンバスの続編、うみへ いく ピン・ポン・バス。

「あ!うみだー!」の場面の海の絵が、本当に綺麗。キラキラ輝いています。

でんしゃが きた

地下鉄、特急、新幹線などなど、色々な電車が出てくる絵本、でんしゃが きた

東日本大震災の後に作られたみたいで、最後の電車は東北の復旧された電車です。ジーンと感動します。

すすめ!きゅうじょたい

沢山の働く車が、困っている動物達を助けるお話、すすめ!きゅうじょたい

助けた後の動物達の表情がすごく可愛い。

せんろは つづく

せんろを作って、色々なところへ進むお話、せんろは つづく

踏み切りやトンネルがなぜ必要かが、自然な流れでわかります。

ピンポンバスで乗り物がもっと大好きに

ピンポンバスや働く車シリーズのおかげで、息子もさらに乗り物大好きっ子になりました。

親の私も色々と学びがあり、読んでいて楽しくなる絵本です。

さて、私も息子も絵本がだいすきなので、家に絵本が沢山あります。図書館のおすすめ絵本を毎週借りて読んだりも。

今後も少しずつ我が家のおすすめを紹介していきたいと思います◎