サイバーマンデーセールでおすすめの品

二人目妊娠:お兄さん・お姉さんになる上の子へ読みたいおすすめ絵本

マタニティ
スポンサーリンク

先日、2歳の息子に「ママのお腹に赤ちゃんがいるよ。もうすぐお兄ちゃんになるよ。」と伝えました。

前の記事 妊娠8w&2歳3か月/上の子に二人目妊娠を報告したタイミング・反応

その際、「おにいちゃんになるんだよ」と口で伝えるだけではなく、おとうと・いもうとが生まれる絵本も図書館で借りて読みました。

息子もその絵本が結構お気に入りになってて、寝る前の寝かしつけの1冊に本人が選んでくることも多し。

今日は、我が家が実際に読んで息子が気に入ったおすすめ絵本を4冊ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

お兄さん・お姉さんになる上の子へのおすすめ絵本

うさこちゃんとあかちゃん(ディックブルーナ)

ある春の日、もうすぐうちに赤ちゃんが生まれると知ったうさこちゃんは、大喜び。
生まれてくる赤ちゃんに、贈り物をつくろうと決めました。初めてお姉さんになるうさこちゃんのお話。

この絵本は1~2歳にちょうど良い文章・内容だと思います。

絵もわかりやすいし、うさこちゃんが赤ちゃんを楽しみにしている様子や生まれた喜びがやさしい文章で表現されています。

ノンタン いもうといいな(キヨノサチコ)

王道、ノンタンシリーズ。いもうとができて、一緒に遊べて楽しい気持ち・自分の遊びを邪魔されて怒る気持ち・それでも一緒がいいな、というお兄ちゃんの気持ちが表現されてます。

ノンタンシリーズはどの話も言葉のリズムが軽快で楽しいので、てんちゃんもお気に入りな様子。

いもうと だいすき(きむらゆういち)

ワニオオカミのガオガオに、妹(ニオニオ)ができる話。ガオガオは妹がだいすき。ケンカもしますが、ちゃんと仲直りして、一緒に遊んでいて偉い!

生まれたての妹ニオニオが、だんだん成長して、一緒に遊べるようになっていく様子が、なんともほほえましい1冊。

そういや最初見た時、ワニなのかオオカミなのかよくわかんなかった…ワニオオカミなのね。笑

うちにあかちゃんがうまれるの(いとうえみこ・伊藤泰寛)

これは絵本ではなく、6歳のお姉ちゃんの視線で綴られた、実際の妊娠~自宅出産の記録本。家族みんなで立ち合い、へその緒を切る話も。生まれるまでのドキドキ感がとってもリアル。

生まれたてほやほやの赤ちゃんのリアルな写真も載っているので、2歳の息子にはまだ早いかな…と心配になりましたが、『あかちゃん、わらってるねー』『うぇんうぇんしてるねー』『あんよちっちゃいねー♪』と、ありのままを受け止めている様子で安心しました。

命が生まれる尊さが暖かく表現されており、アマゾンのレビューも高い一冊。古い本なので、新品ではなかなか手に入らないかも。まずはお近くの図書館で探してみてくださいませ。

その他のおすすめ

他にも読んで良かったと思った本はこちら。

絵本を探すなら絵本ナビがおすすめ!



絵本を探す&購入するなら絵本ナビがお勧め!

絵本のためしよみができる、参加型の絵本・児童書情報サイトです。様々なテーマに合わせたおすすめ絵本が紹介されています。

年齢や季節に合わせた本の紹介も充実していて、見るだけでも凄く参考になりますよ!

「あなたも大事なのよ」という気持ちを伝えよう

以上、我が家が実際に使用した絵本4選をご紹介しました。

おにいちゃんになる絵本を読むときに気を付けているのが、

「あなたもこうやって大事大事に思って生まれてきたんだよ。」

「あなたもちびたも両方大好きだよ。」

と、あなたが一番大好きというのを、しっかり言葉とハグで伝えています。息子もとても嬉しそうです。

二人目が生まれるまでのあと少ない、上の子だけの貴重な時間。もっとたっぷり愛情そそいであげたいなー。

お腹が大きくなるとなかなか動けなくなるので、絵本を活用して楽しく過ごしていきたいと思います!

\続きはこちら/