壊れた絵本を強力補修テープで直してみた

クリスマス、無事に終わりましたねー◎今回選んだクリスマスプレゼント、喜んでもらえました!また落ち着いたら記事にしたいと思います。

さてさて、我が家には0歳の頃から絵本が沢山あります。

この本棚の隣にもまだあります。

自分で買ったもの、出産祝いで頂いたもの、祖父母からプレゼントされたものなど。前列は主に図書館で借りているゾーンです。

0歳後半~1歳前半は、ひたすら食べる破る!

今では大人しく聞いてくれるようになりましたが、ハイハイしだして色んなものに興味を持ち出した0歳8ヶ月頃から1歳後半までは、まぁーそりゃー食べるわ破るわ超大変。

見てくださいこの有り様。

最初は破られたくないから、ボードブック(厚紙)タイプ以外は与えなかったんですけど、それじゃあ絵本がある意味無いし、勿体無い気がして、破られても直せば良いかと思い与え続けました。

では、その破られた絵本をどうするか。

絵本強力補修テープ!

我が家では、この絵本修繕テープを利用しています。

このテープの良いところ

下記の3点!

  • 劣化しない!
  • 見た目がキレイ!
  • 頑丈に補強できる!

セロテープだと、時間が経つと黄色く変色するし、剥がれて汚くなるんですよね。

せっかくだから、同じ絵本を長く大事に使ってあげたいなと思って、色々探して口コミを頼りに購入しました。

使って1年経ちますが、買って良かったなーと思うので、レポートしたいと思います◎

仕掛け絵本を直してみました

今回、クリスマスの仕掛け絵本を派手に壊されたので、修繕してみたレポを。

こちら、去年の誕生日に、義家からプレゼントされたもの。

飛び出す仕掛けがとても面白くて、なんども読んでるうちに、色んな場所が取れたり破れたりしてしまいました。仕掛け絵本の宿命ですね。

のりしろにのりを付けて仮固定し、テープを貼って修繕していきます。

テープの注意事項

重要なのが下から二番目。

・粘着力が強いので、紙製品に一度貼ると貼り直しができません。

これ、ほんとです。強力すぎて、ちょっと紙についただけで、剥がせなくなります。

なので、一発勝負!!

細かい部分は、ハサミやピンセットを活用していきます。

コツを掴めば簡単に出来ます◎

出来上がりがこちら!!

完全に復活しましたー!良かったー。

↓このページすごい。笑

↓表はこうなる。

セロテープじゃここまでキレイに直せないですな。補強力が段違いです。

壊れたら直して、長く大事に使おう◎

壊れたらそのまま捨てちゃうことも出来ますが、なんだか思い出まで一緒に捨ててしまうようで勿体無い。

直してあげれば、「あぁ、この破れ、○ヶ月の時に~してたら破いちゃったんだよなぁー」と、破いちゃったことも思い出として残してあげることが出来ますよね。

これからも、大事に読んであげていこうと思います♪

この記事の感想をお聞かせください
  • いいね!(0)
  • 続編希望!(0)
スポンサーリンク
レクタングル(大)