スポンサーリンク

出産入院準備!「これがあると便利!」な持ち物リスト大公開。

マタニティ

こんにちは!2歳の長男てんちゃんと、現在妊娠9か月・もう少しで臨月のてんつままです。

いよいよ出産も目前。ようやく重い腰を上げて、出産時の持ち物を用意しました。一人目の時に使って便利だった物も合わせて、今回ご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

出産時の持ち物リスト

陣痛~出産まで

まずは、陣痛が始まって病院に着いたら一番初めに使うもの達をひとまとめにしたバッグを用意します。

ペットボトルの飲み物&ストローキャップ

これは必須!!特にストローキャップ!!これが無いと、寝たままの体制で水分補給できないです。飲み物は病院でも追加で買えるけど、ストローキャップは売っていない場合もあるので、あらかじめ100均でGETしていきましょう。

エネルギーゼリー

エネルギーゼリー。これも割と必須。さっぱりするし気分転換になる。でも一人目の時、陣痛が進むにつれて吐き気が来て、結局全部吐いたなぁ。w

あと、普段買わない味を買った場合は、事前に味を確かめておいた方が良いかも。飲んだ後「まず!」ってなったらテンション駄々下がりになる。陣痛で必死な時にこのやる気ダウンは痛い。

聞きたい音楽CD・プレイヤー・イヤホン

 

これは一人目の時、義母からプレゼントされたオルゴールCD。ipodに入れて、陣痛中の9時間、ひたすらエンドレスリピートして聞いてました。オルゴールだから癒されるし、知っている曲ばかりなので気が紛れてとっても良かった!

今回の病院では、陣痛中~分娩までCDプレイヤーが使えるらしいので、CDのまま持っていく予定。ipodは、産後の部屋の中で使いたいと思います。イヤホンも必須!

リップクリーム

陣痛中、いきみ逃しで息を吐き続けるので、口が常にひらきっぱ。唇がカッサカサになります。リップクリームも必須でした。じゃないと、出産直後の写真撮影、ぱりっぱりの唇だから笑いにくい。入院中も病院内は乾燥しやすいので、あると安心でしょう。


S字フック

地味に便利なのが、このS字フック!!!

陣痛中、このS字フックを使ってカバンをベッドの柵に掛けておけば、起き上がらなくても自分でさっと取ることが出来る。大き目のS字フックがあると便利です!

番外編:テニスボール代わりの肩ツボマッサージ棒

これは番外編ですが、私が一人目の陣痛時にめちゃくちゃ重宝した物。

陣痛がまだ10~5分間隔になってなくて、でもひたすら痛くて、お尻の穴を押してほしい!しかし、当時激務続きだった夫は疲れ果てて寝ている。押して!と頼んでも、寝ぼけているから全然力が入ってなかったり、的外れな場所ばかり押して、余計にストレスに。テニスボールで押すにしても、自分一人ではお尻に当てられない…。

そんなとき、ふとこの肩ツボマッサージ棒の存在を思い出し、タンスからこれを出して自分でお尻を押してみたら、押したいところにピンポイントであたるから、すごい楽に!この形がとっても使いやすかった。

陣痛が5分間隔になって病院の陣痛室に行ってからも、しばらくは助産師さんも居なくて一人で陣痛を耐えないといけなかったから、ひたすらこの棒で押してました。分娩がどんどん進むにつれてこの棒では耐えられなくなってきたら、さすがに助産師さんに手で押してもらいましたけどね。

ということで、一応念のため今回もこの棒は持っていく予定ですー。私だけかと思いますが、こんな人もいたんだよということで、参考までに。w

産後~入院中

無事に出産が終わると、分娩室で2時間ぐらい休んだ後、入院する部屋へ移動になります。そこから5日間ほど入院するわけですな。その時に使うものをひとまとめに。

授乳ブラ・産褥ショーツ・腹巻・靴下

まずは下着類。私の場合、授乳ブラ・産褥ショーツは2~3枚ずつ。ブラ、最初は母乳が全然でないけど、出始めると母乳パッド付けてても漏れてびっしゃびしゃになることがあるので、洗い替えがあると安心。


腹巻・靴下は10月なら無くても良いかもしれないけど、お腹や足を温めるとリラックスできるのでお好みで。私は普段使っている毛糸のルームソックスを持参します。

転勤族の妻×2歳の息子『てんちゃん』のママ。現在二人目妊娠中、10月出産予定。アラサー。
色々試して「これは役に立った!」や、「こうしたらよかったー!」などなど、正直な感想をキロクしています。同じような方のお役にたてれば幸いです◎

てんつままをフォローする