スポンサーリンク

二人目出産レポ①出産前日までの様子(36w~37w6d)

マタニティ

先日無事に、第二子ちびこを出産いたしました。

38w0dと予定より2週間も早かったのに、3,000g超えの大きめBabyでした…全然ちびじゃない。w 今後はちびこではなく「みーこ」と呼びたいと思います◎

今日は、第二子みーこの出産キロクを簡単にですが残しておきたいと思います。まずは臨月36w~37wの出産前日までの様子を。

スポンサーリンク

出産前日までの様子

36w(妊娠10か月):腰回りの不調が増える

臨月突入した36w。35wまでは、結構へっちゃらに活動してましたが、36wに入った途端、股関節が痛い。

骨盤ベルトが必須でした。これが無いと自由に歩けないくらい痛いしガタガタ。出産に向けて、骨盤が緩くなってきていたんでしょうね。

37w3d:風邪を引く

そして正産期の37w。秋雨が降り、急に寒くなったと同時に、まさかの風邪をひく。しかもがっつり。サラサラの鼻水がエンドレス&喉の痛み&鼻かみすぎて頭痛い。もう地獄でした…。

この症状があるままでは絶対に陣痛~出産なんて乗り越えられん…地獄絵図しか浮かばん…。

しかし、病院に薬をもらいたくても三連休だからやってない。市販薬を飲んでいいかDr.に電話で相談したら、「その薬なら正産期入っているし大丈夫だと思うけど、しっかり成分確認してないから絶対とは言えないし、薬飲んでも治るわけじゃなく症状を少し抑えるだけだから、飲まずに済むなら飲まない方が良いよ」と言われ、ほんなら我慢するかと諦める…。

仕事が休みだった夫にてんちゃんを任せ、私はひたすら寝させてもらいました。夫グッジョブ。

寝込んでる間「これが家族三人でゆっくり過ごせる最後の休みになるかもしれないのに…」と悲しかったですが、ゆっくり休ませてもらったおかげで、休み明けにはだいぶ良くなりました。結果オーライ。

37w6d:大潮の日&みぞおち付近の謎の痛み

37w6d。この日は大潮で、出産が多くなるという日。Twitterでも陣痛が来た人や出産している人が朝からたくさんいて、私もドキドキ。「でもまぁ私は予定日まで2週間もあるし、今週は生まれないだろうー。」と呑気に思ってた。そしたら…。

謎の腹痛事件
  • 夕方
    謎の痛み
    夕方。保育園にいるてんちゃんを雨の中ベビーカー担いで迎えに行き、せっせと押して歩いて帰ってきた後、なぞの腹痛、しかもかなりの激痛。そして、場所が子宮ではなくてみぞおち。お腹は張っているけど規則性は無し。でも立っていられなく、長いこと横になっても治らない。「これ、もしかして早期胎盤剥離とかだったらどうしよう…」と不安になる。
  • 19時頃
    病院へ電話
    19時頃、我慢できず病院へ電話。症状を説明したら、「電話じゃなんとも判断できないので、一度病院で見てみましょう。入院セットを持って病院に来てください。」との指示。つ、ついに来たか…。

    電話したことで逆に冷静になり、落ち着いて入院セットの最終準備を進め、自分も着替える。10分ほどで準備が出来た途端、<あれ、痛みが無くなってる?>と気づく。

  • 19時30分頃
    もう一度電話
    もう一度病院に電話。状況を伝えると、「痛みが治まったのなら、もう1時間ほど横になって様子を見て、大丈夫そうなら明日の朝に健診へ来てください。痛みがまた現れた場合は、もう一度電話して受診しましょう。」と言われる。
  • 20時
    安静にして様子見
    20時。てんちゃんにはTVを見ててもらい、私はベッドに横になる。1時間ほど横になってたらだいぶ落ち着き、痛み再発もなし。夫にも電話で状況を伝えていたので、21時頃早めに帰宅し、てんちゃんのお風呂やお世話をしてくれて助かりました。

いやー、この腹痛、本当に怖かった。二人目妊娠ということで、陣痛の痛みを知っているからこそ、「ん?これは陣痛や張りとは全然違う痛みだぞ!?」とわかり、すんごく怖かった。一人で悩んだり、大丈夫だと勝手に判断せず、病院に電話で相談して本当に良かったです。電話することで安心出来ました。

落ち着いてから私も風呂に入り就寝。夜中に一度目が覚めたけど、これはいつも通り。

そして運命の38wへ。