二人目妊娠を上の子に報告したタイミング・反応(8w&2歳3か月)

マタニティ
スポンサーリンク

現在第二子(通称ちびた)妊娠中の我が家。

2歳3か月の長男てんちゃんは、妊娠前から私のお腹の上に乗ったり、寝るときに蹴ってきたりしている。こ、このままでは、お腹のちびたが…。

しかし、あまり早く伝えすぎても理解できるかどうかわからないし、どのタイミングで伝えればよいのか皆さん悩みますよね。今日は我が家が上の子に二人目妊娠をいつ伝えたかを紹介します。

スポンサーリンク

上の子に、二人目妊娠をどのタイミングで伝えるか問題

心拍確認後に報告

我が家の場合、

  • 2歳3か月で、こちらの言うことはある程度理解している。指示通りに動くかどうかは別問題だが←
  • 妊婦検診に息子も連れていかざるを得ない(預け先が無い)
  • 息子が私のお腹の上に乗ったり蹴ってくるのを止めさせたい。

ということで、あまり早いのもどうかなと迷いましたが、病院へ行くことに息子も納得して付いてきてほしかったので、心拍確認が出来たタイミングで伝えました。

上の子の反応は?

心拍確認し、実家から東京に戻ってきた8w頃。

パパママがそろった状態で、やんわりと「ママのお腹にあかちゃんがいる・てんちゃんはお兄ちゃんになる」と伝えました。

伝えたときの反応は、

…てんちゃん、おにいちゃんになるぅー!!

とまさかのアゲアゲだった。予想外。

近所に年上のお兄ちゃんがたくさんいて、「お兄ちゃん○○しててかっこいいねー」と声かけしていたので、お兄ちゃんはカッコいいというイメージが元々あったようだ。笑

そろそろ下の子が欲しい…という方は、「おにいちゃん・おねえちゃんはかっこいい!」という刷り込みを事前にしておくと良いのかもしれませんな。刷り込みすぎてもプレッシャーになるから難しいけど…。

その後の様子

それからも、寝る前の「ママにおやすみーは?」の流れで、「ちびたにおやすみーは?」と聞くと、『ちびたおやすみー♪』と言ったり、『ちびたにチューしたいのー』と言って、私にお腹を見せろと催促してくることも。外では辞めてくれ…。

ちびたの存在を理解しているからか、2回目の妊婦健診に同行させた時、診察室に入るや否や先生より先に『ちびたモシモシするからここにねんねしてー』とベッドを叩いて言ってきた…。恥ずかしかったけど、理解してくれているんだなと嬉しくも思いました。

絵本で理解を深める

あと、絵本も活用しています。おにいさん・おねえさんになる絵本。

主人公を自分と重ねて楽しんでいるみたい。しょっちゅう『読んでー!』と持ってきます。

今回、絵本の力はかなり大きいと実感している…ありがとう絵本!

おわりに

今のところ、本人は前向きに捉えてくれているので助かっています。

これからどんどん大きくなっていくお腹。家の中も周りも赤ちゃん仕様にどんどん変わっていくけれど、いきなり「はいあなたお兄ちゃんです!いろいろ我慢して頑張ってくださーい!」ではなく、息子の理解のペースに寄り添って進めていけたらと思います。

次の記事 【二人目妊娠】上の子に読んで良かった、お兄さん・お姉さんになる絵本4選!