スポンサーリンク

2歳児が熱中症で嘔吐した話。

2歳

先日、約一週間の帰省を終え、無事東京に帰ってきましたー。いやー、楽しかったけど疲れたー。ようやく日常の生活リズムに戻ってきました。

 

さて、振り返りを書くとすると、真っ先に書くべきなのが、タイトルの事件。38度越えが続く中、実家滞在中に起きた話。

スポンサーリンク

熱中症で嘔吐。

この日はパパが夏休みを取れたので、私の実家へ新幹線で一人はるばるやってくることになった。

パパが駅に到着するのは夕方だったので、私とてんちゃんはショッピングモールで時間を潰すことに。

ショッピングモールに着いたのが12時。モールのフードコートでお昼ご飯を食べ、お昼寝するかなーと思ったが全く寝る気配がなく、キッズスペースで遊んだり買い物したり。

15時になったので、車で出発。炎天下の中に止めていたので、車の中が暑い暑い!!クーラー付けてもなかなか冷えない…。

お昼寝なしで遊んでいたので、車に乗った瞬間てんちゃんは爆睡。駅まで約45分。そこから家まで約1時間。計2時間の乗車。家に着くまで爆睡のてんちゃん。

 

家に着いたのが17時頃。てんちゃんが目を覚ますと、居なかったはずのパパが隣にいてびっくり&喜ぶかと思いきや、『ママー!ママがいいーー!!』と大泣き。パパ涙目。←

寝起きが悪いだけだろうと思い、あまり気にせず夕飯の支度を手伝っていたのだが、てんちゃんはいつまでも『ママーママー』と泣き続ける。ただ甘えたいだけと思っていた。

しまいには、台所の床までまとわりついてきて、静かに寝そべる。普段ならここまでまとわりついたり床に寝そべることはないから、今思えばこの時点で異変に気付くべきだった…。

 

てんちゃんのママー攻撃を適当にかわしつつ料理をしていたら、てんちゃんが『おなかいたい…』と言い出す。「うんちする?トイレ行く?」と聞くと、『いく』と言うので、トイレに連れて行くが何も出ず。そういえばおしっこも出てなかったな…。

 

トイレからリビングに戻り、「もう少しでご飯できるから、ここで座って待っててね。」と、てんちゃんをソファへ寝ころばせた次の瞬間…

 

 

マーライオンのように嘔吐ドバー!!!

ひっさびさの嘔吐でとにかくビビった。すかさず手で受け止めるも無理無理あふれるあふれる。お昼に食べたおにぎりの海苔も出てきた。

てんちゃん自身も、自分に何が起きたのかわからずびっくり顔。きょとん。

 

ひとしきり吐き切った後、汚れた衣類やタオルケットなどを外して、てんちゃんを落ち着かせる。てんちゃん、また泣くかなと思ってたら、『なにかでたねー』ときょとん顔で言い出し、なんか和んだ。

落ち着いたところで、軽くシャワーをしてから着替え。口をゆすぐために「少しだけ水飲んでみる?気持ち悪い?」と聞いたら、ちゃんと少しだけ飲んだ。

 

吐いた直後はてんちゃんの顔もなんか真っ白だったけど、10分後くらいには血色もよくなった。ちょうど夕飯もできていたので、食べるか聞いたら、『食べる!』というので、消化によさそうなものだけ食べさせました。食べ始めたらどんどん元気が出てきて、その後は特に熱も嘔吐も体調不良も起こさず。よ、よかった…。

原因は疲れ&暑い車内か

なぜ嘔吐したかの原因を考えてみたら、

  • 環境の変化による疲れ(義実家&実家、葬儀、新幹線移動など、いつもと違うのオンパレードな日々)
  • 暑い車内で約2時間の移動

の二つが考えられるんですよね。むしろこれ以外考えられない。

疲れが溜まっていたところに、追い打ちをかけるように暑い中移動したから、調子をくずしたのかなと。車内はクーラーMAX&汗もこまめに拭いてましたが、やっぱり後部座席は暑い。暑い中だといくら寝ても疲れは取れないですよね。

 

今回、外遊びはまったくせず、室内&車内だけだったにも関わらず、熱中症になりうるんだということを再認識し、とても反省しました。子供は体が小さいから、すぐに暑くなるのね。この日以降、車移動の際はアイスノン常備、水も今まで以上にこまめに補給させています。

 

これからが夏本番。皆さんも、お気をつけてくださいーーーー!!!