スポンサーリンク

8w5d/出産病院選び&健診

マタニティ

さてさて、前回(5w2d/初めての産婦人科。胎嚢が小さすぎる!そして下痢。)からの続き。前回までは実家帰省中なので田舎の婦人科。今回から東京の産科へ。婦人科の先生に「東京戻ったら早めに産科を受診してねー」と言われていたのでさっそく産科探し。

スポンサーリンク

出産する病院候補

1)産科病院

◎個室
◎食事が豪華!
△家からバス乗り継いで30分くらい。電車も路線が違うから乗り換え必須。

2)総合病院

◎産婦人科・小児科・他の診療科全部そろってる。
◎自転車で15分。病院最寄り駅からも徒歩圏内。
△採血などの検査は待ち時間がかなり長い(他科の人もいる為)
△入院後は2人部屋。空いてたら1人で使える。
△ご飯は普通の入院食。

通いやすさを重視し、総合病院へ

一人目てんちゃんの時も、里帰りせず出産したんですよね。最初は普通の産科病院に通っていたけれど、妊娠8か月頃に県内で転勤&水腎症・低置胎盤発覚で否応なしに総合病院へ転院。

転院が決まったときは、「ご飯も豪華で綺麗な産科病院で産みたかった…」と凹んでいたのですが、実際に総合病院へ通院&出産してみると、

「検査も他科受診もコンビニも院内で全部済むし、ご飯も別に普通だし、総合病院だからスタッフ多い(実習学生が陣痛中ずっと付いていてくれた)し、安心して過ごせた!」というのが本音。

そして、今回二人目も、家から一番近いのが総合病院なので、通院やお見舞い(家族)の利便性も考慮し、総合病院で産むことに決定。

8w5d、東京の総合病院で初診。

ということで、さっそく予約をとり(紹介状は実家の病院に書いてもらいました。)8w5dにいざ出陣。順番が来て、先生と軽く話をし、いざ内診。

 

頭殿長(CRL)18.0mm。

おぉ!大きくなっとる!

前回7w2dの時6w1d相当の大きさだったのが、今回8w5dでまさかのドンピシャ8w5d相当!

ということで、出産予定日も10月で確定になりました。小さめで不安になっていたから、この時は本当に安心しました。良かった良かった。涙

妊娠初期なので、次の健診は2週間後の10w。「総合病院にしておいてよかった…」と感じることになるとはつゆ知らず…。つづく。